top of page
Gabriel Fauré - Klavierquartett in Do M op 15 [Vinyl] CL13

Gabriel Fauré - Klavierquartett in Do M op 15 [Vinyl] CL13

Das Rating beträgt 0.0 von fünf Sternen, basierend auf Bewertungen.
€49.90Preis

Das erste QUATUOR WITH Piano wurde 1879 geschrieben, es gelingt, in der Chronologie der Werke des Meisters,
zu einem neuen Konzert für Violine und Orchester und geht dem weltbekannten berühmten Berceuse voraus.

 

Quartett für Klavier und Streicher Nr. 1. Dolly Stücke für Klavier zu vier Händen. Germaine Thyssens Valentin und Henriette Puig Roget

1879 年 に 完成 し た 曲 第 ヴ ァ イ オ ン と オ ス ト の の 協奏曲 の 後 に 子

1楽章アレグロ·モルト·モデラートはピアノと弦が力強く響き情熱的な旋律で始まり8小節目のピアノのクロマティック·スケールにより弦の鋭さを協調しながら調和.変ホ長調の静けさが第2主題の ハ 長 調 と 対 比 に な っ て い ま す。 こ の 3 つ の 要素 は 簡潔 さ と 自由 を 表 す 模範 と な り ま す。

2楽章スケルツォ.フォーレのスケルツォはリズミカルと軽快なメロディでとてもユニークで魅力的なスケルツォの代表格です.軽快さや遊び心のある感性と繊細さを完璧に組み合わせた「スケルツォ」の意味を私達に理解 さ せ て くれ る 素 晴 ら し い 音 楽 家 で あ る こ と が 分 か り ま す。

3楽章アダージョ.絶望と希望の両方を持,優雅で敏感なフォーレの魂に浸るようなムーブメントです.深い哀愁が漂うアダージョはゆったりとしたピアノと弦の調和が16小節以降に続く悲痛を表現し 66 小 節目 に も 再現 さ れ 、 ピ ア ノ は 再 び 元 の ハー モ ニ ー へ と 変 化 し ま す。

4 楽 章 ア レ グ ロ ・ ル ト。 最終 楽 章 は フ ォ ー レ 最高 傑作 の ひ つ で す。 生命力 と 熱 が あ ふ れ た こ の 楽

ド リ ー1891 年 か ら 1896 年 に か け て リ ー ・ バ ル ダ ッ ク (後 に ド ビ ュ ッ シ 夫人 に な る 予 定 だ っ た)

伴奏 の 力強 い タ ッ チ が 強調 さ た く 柔 ら か な 第1 曲 守 唄。 第 2 曲 ミ ・ ア ・ ウ 家 の 猫 を 見 つ け 曲ズ 曲 ズ 曲 ズ 曲 曲 曲 曲 曲分音符の伴奏で転調していきます.第4曲キティー·ヴァルスは空中で回るようなカプリス·ワルツを連想させます.第5曲優しさは純粋な音楽の本質が豊富です.変調を用いた素 晴 ら し い フ ォ ー レ の 傑作 で すIch

6 曲 ス ペ イ ン の 踊 り フ レ ー ズ が 時 に は 叙 情 で 時 は 情 的 な 典型 的 イ ベ リ ア の 世界 に す。

ル イ ・ マ テ ィ ー ニ

 

Klavierquartett Nr.1 → ピ ア ノ 四重奏 曲 第 1 番

Transportwagen → ド リ ー

Henriette Puig-Roget → ア ン リ エ ッ ト ・ ピ ュ イ グ = ロ ジ ェ