top of page
Gabriel Fauré - Elegie für Cello und Klavier [Vinyl] - CL 11

Gabriel Fauré - Elegie für Cello und Klavier [Vinyl] - CL 11

Das Rating beträgt 0.0 von fünf Sternen, basierend auf Bewertungen.
49,90 €Preis

Diese heilige Vereinigung der Öffentlichkeit von der ersten Anhörung an und die der Kritik. Ein Komponist und ein Dolmetscher können das bezeugen. "Glücklich, dreimal glücklich, wer solche Musik liebt". sagte Charles Koechlin. Und Alfred Cortot: "Es ist buchstäblich ein Meisterwerk".

 

Elegie für Cello und Klavier op. 24


Zweites Quintett - Germaine Thyssens Valentin
und das ORTF-Quartett

1921 年 5 月 21 日 の 土 曜 日 、 由 る 国民 音 楽 協会 は シ ー ズ ン と る コ ン サ ー ト 第 444 回 を 開 催 し ま し た。

·ロルタが座るピアノの傍らに,アンドレ·トゥーレ,ヴィクトール·ジャンティ,モーリス·ヴィユ,ジェラール·エッキングの4人の弦が加れた際,音楽院コンサートホールの聴衆,作曲家ルイ·ティリオンと女性画家 の ロ ー ザ ボ ヌ ー ル は 礼儀 正 し く も 無 関心 な 様 子 で し た。

.ヴィオラの旋律にヴァイオリンが次々に加わり,英雄ユリシーズを連想させる簡潔でエネルギッシュな16分音符の緊密な展開になります.当時,オデュセイアのペネロペは 人 気 が なく 、 1906 年 の ピ ア ノ 五 重奏 曲 第 1 番 の 初 演 で 明 ら か に な っ よ う に 、 こ の 時期 ォ ー レ は 従 来制限された作法から発展,大衆が真価を認めてると思えるほどの注目を集めましたが,それはあえて「拍手をしない」活動のようでした.このアレグロのスケルツォは音階 が 上下 す る 無 調 な 展開 と ピ チ カ ー ト が 響 き 渡 る 曲 に なり ま し た。

,フィナー.

聴 衆 の 喝采 に よ り 、 既 に 説 的 な 存在 と な っ た の よ う な の 年老 い ィ ー 現 れ ま し た

五 重奏 曲 第2 番 の 初 演 は を 収 め 真 価 を 認 め ら ま し た。 作曲家 演奏 者 た ち ら 称賛 さ れ ケ クア ル フッ ド ・ コ ル ト ー は 「そ れ は 文字 通 り 傑作 で す」 と 語 り ま し た。

,チェロ独奏のためのエレジーOp.24はヴァイオリンのための子守唄Op.16と同様に人気です.ハ短調の中でも厳粛で美しく豊かな旋律です.四重奏曲第1番のア ン ダ ン テ は 悲 し み が 飛 び 去 る よ う な 軽 や か な 構成で す。

 

ジ ョ ゼ ・ ブ リ ュ イ ー ル

 

 

Gabriel Fauré → ガ ブ リ エ ル ・ フ ォ ー レ

Elegie → エ レ ジ ー

Zweites Quintett / Klavierquintett Nr.1 → 五 重奏 曲 第 2 番

Klavier: Germaine Thyssens-Valentin → ピ ア ノ: ジ ェ ル メ ー ヌ ・ テ ィ ッ サ ン = ヴ ァ ラ ン タ ン

Violine 1 → ヴ ァ イ オ リ ン 1 : ジ ャ ッ ク ・ デ ュ モ ン Violine 2 → ヴ ァ イ オ リ ン 2 : ル イ ・ ペ ル ル ミ ュ ー テ ル

Bratsche → ヴ ィ オ ラ: マ ー ク ・ カ ー レ ス Cello → チ ェ ロ: ロ バ ー ト ・ サ レ ス

Ähnliche Produkte