top of page
Gabriel Fauré - Elégie pour violoncelle et piano [vinyle] - CL 11

Gabriel Fauré - Elégie pour violoncelle et piano [vinyle] - CL 11

€49.90Price

This sacred union of the public from its first hearing, and that of criticism. A composer and an interpreter can testify to it. "Happy, happy three times those who love such music". said Charles Koechlin. And Alfred Cortot: "It is, literally, a masterpiece".

 

 

 

Elegy for cello and piano op 24

 

 

Second Quintette - Germaine Thyssens Valentin

and the ORTF Quartet

1921 年 5 月 21 日 の 土 曜 日 、 由 緒 あ る 国民 音 楽 協会 は そ の シ ー ズ ン 最後 と な る コ ン サ ー ト 第 444 回 を 開 催 し ま し た。

ロベール·ロルタが座るピアノの傍らに,アンドレ·トゥーレ,ヴィクトール·ジャンティ,モーリス·ヴィユー,ジェラール·エッキングの4人の弦が加れた際,音楽院コンサートホールの聴衆,作曲家ルイ·ティリオンと女性画家 の ロ ー ザ ボ ヌ ー ル は 礼儀 正 し く も 無 関心 な 様 子 で し た。

五重奏曲は「アドホック」な切迫した雰囲気で始まります.ヴィオラの旋律にヴァイオリンが次々に加わり,英雄ユリシーズを連想させる簡潔でエネルギッシュな16分音符の緊密な展開になります.当時,オデュセイアのペネロペは 人 気 が な く 、 1906 年 の ピ ア ノ 五 重奏 曲 第 1 番 の 初 演 で 明 ら か に な っ た よ う に 、 こ の 時期 の フ ォ ー レ は 従 来制限された作法から発展したこの優雅で輝かしいこのアレグロは,大衆が真価を認めてると思えるほどの注目を集めましたが,それはあえて「拍手をしない」活動のようでした.このアレグロのスケルツォは音階 が 上下 す る 無 調 な 展開 と ピ チ カ ー ト が 響 き 渡 る 曲 に な り ま し た。

このスケルツォは空想や夢の中にいるような優しい静けさがあるメロディとリズミカルな音が響き渡り,フィナーレに熱狂で総立ちになるほど類のない独創的なアンダンテとして成功を収めました.

聴 衆 の 喝采 に よ り 、 既 に 伝 説 的 な 存在 と な っ た 雪 の よ う な 髪 の 年老 い た フ ィ ー レ の 姿 が 桟 敷 席 に 現 れ ま し た

五 重奏 曲 第2 番 の 初 演 は 大 成功 を 収 め 真 価 を 認 め ら れ ま し た。 作曲家 や 演奏 者 た ち か ら 称賛 さ れ 、 シ ャ ル ル ・ ケ クア ル フ レ ッ ド ・ コ ル ト ー は 「そ れ は 文字 通 り 傑作 で す」 と 語 り ま し た。

フォーレの作品集にある,チェロ独奏のためのエレジーOp.24はヴァイオリンのための子守唄Op.16と同様に人気です.ハ短調の中でも厳粛で美しく豊かな旋律です.四重奏曲第1番のア ン ダ ン テ は 悲 し み が 飛 び 去 る よ う な 軽 や か な 構成 で す。

 

ジ ョ ゼ ・ ブ リ ュ イ ー ル

 

 

Gabriel Fauré → ガ ブ リ エ ル ・ フ ォ ー レ

Elegy → エ レ ジ ー

Second Quintet / Piano Quintet No.1 → 五 重奏 曲 第 2 番

Piano : Germaine Thyssens-Valentin → ピ ア ノ : ジ ェ ル メ ー ヌ ・ テ ィ ッ サ ン = ヴ ァ ラ ン タ ン

Violin 1 → ヴ ァ イ オ リ ン 1 : ジ ャ ッ ク ・ デ ュ モ ン Violin 2 → ヴ ァ イ オ リ ン 2 : ル イ ・ ペ ル ル ミ ュ ー テ ル

Viola → ヴ ィ オ ラ : マ ー ク ・ カ ー レ ス Cello → チ ェ ロ : ロ バ ー ト ・ サ レ ス